こんにちは!

 

暑かったり寒かったり気温差が激しい日々ですが、

今日は暑くなりましたね〜!

 

なにやら巷のSNSでは、氷出しのお茶が話題になっているとか…?

こんな日は冷た〜いお茶が欲しくなりますよね!

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが…、

当店にも水出し茶があるんですよ!!!

 

 

しかも、時間を置くことなくその場ですぐに飲めるのが

おすすめポイントの一つです!

 

 

というわけで…、

今年もあの季節がやってきました!!

 

 

暑い夏を少しでも涼しく過ごせたら…

そんな思いで皆様にこちらをご紹介♪♪

 

 

ほんとに美味しくて、大人気なんです!

 

 

その名は、水出し冷茶「はまかぜ」です!!!

 

 

 

便利な2タイプのご用意があります。

 

お茶の葉タイプは、フィルターのついたポットやお急須にお茶の葉を入れて

お水や氷水の中でぐるぐる混ぜるだけ!

 

 

カフェインレス水出し緑茶 「 はまかぜ」 200g詰 ※メール便不可

 

 

 

ティーパックのタイプは、お水が入る容器にティーパックを入れて

5分ほど待ってお箸やスプーンでもみだすだけ!!

 

 

 

 

はまかぜ ティーバッグ 5g×10入

 

 

 

どちらもほんとに簡単!手間はほとんどありません!!

水出しする事でカフェインもほとんど抽出されずカフェインを気にされる方でも

安心してお飲みいただけます♪

 

 

 

ペットボトルのお茶を飲んでる方にはぜひ一度飲んでいただきたいです!

お店では試飲していただいてのご紹介もしています。

 

 

噂の冷茶!ぜひ当店の「はまかぜ」もお試し下さい♪

 

 

 

 

こんにちは!

 

6月に入りまして、季節も夏へと移り変わりますね。

 

 

梅雨時期に入りジメジメ…ムシムシ…、

お天気の良くない日はなんだか気分も上がりませんが…

 

 

そんな日は、お口の中だけでもさっぱりと

美味しいスイーツはいががでしょうか?

 

 

 

毎年人気の当店おすすめ夏の限定お菓子

 

湘南ゴールドゼリーです!!

 

 

 

 

 

冷やして召し上がるのはもちろん美味しいですが、

凍らせてアイスのようにして召し上がるのもまた違った味わいで

おすすめです♪

 

 

そしてポイントとして、

湘南ゴールドの皮もゼリーに入っていて、

こちらが歯ごたえもあり爽やかさが一層アップします!

 

 

 

 

 

 

↑湘南ゴールドゼリー1個180円(税込み)

 

 

 

 

 

夏のギフトにもおすすめの限定商品です♪

ぜひ一度ご賞味下さいませ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年度静岡新茶は、お茶時期に朝晩寒く、生育が遅く、芽伸びが抑えられたため、
内容の良い上級茶がとても少ない年となりました。


当社はそのような状況の中でもしっかりと土壌の栄養を頂いた茶葉を慎重に厳選し、
しっかり旨味を味わうことのできる新茶を少しずつですが、御用意できております。
順次、いつもの人気のお茶も新茶にさせていただきますが、
今だけの限定新茶もご用意しましたので、ぜひそちらをご利用いただければ幸いです。

緑茶、7年ぶり高値 産地冷え込みで生育遅れ

 

2019年産の緑茶が高値だ。各地の取引会での新茶(一番茶)価格は前年の2割高から2倍になった。春先の冷え込みで生育が遅れたうえ、10連休前の需要という特殊要因が価格を押し上げた。ただ、国内では食の多様化で緑茶離れが進み、高値が需要減を加速させる可能性もある。製茶業界は緑茶の輸出に力を入れてテコ入れを図る。

 

新茶の価格は前年より大幅高で始まった(19日、静岡茶市場)

19日開催の静岡茶市場(静岡市)の初取引会では、国内生産量の4割を占める静岡県産茶葉の平均単価は1キロ8282円と前年の2.2倍で7年ぶりの高値だった。産地からは「3月下旬からの冷え込みで、葉の伸びる早さが一気に鈍って出荷量が確保できなかった」(JA静岡経済連=静岡市)との声が漏れる。

全国生産の3割を占める鹿児島県の鹿児島県茶市場(鹿児島市)の19日時点の県内茶の平均単価は1キロ2262円と前年より3割高い。JA全農ふくれん茶取引センター(福岡県八女市)でも、福岡県産の茶葉が2割高で推移する。

大型連休前の駆け込み需要も高値の背景だ。静岡茶市場の内田行俊社長は「10連休前に在庫を抱えたい業者の注文が例年より多かった」と話す。

今年の価格は上昇したものの、茶葉の取引価格は近年下落している。全国茶生産団体連合会(東京・千代田)の調べによると、茶葉全体の年間取引価格は17年で1キロあたり1477円と10年間で15%下がった。近年の生産量が横ばいで推移する一方で、緑茶の消費量が同期間でも2割ほど減った影響が大きいとみられる。

需要不振の主因は食の多様化や核家族化の影響で緑茶離れが進んでいることだ。急須に入れる主力の飲み方が手間がかかるために敬遠されている。ペットボトル入り飲料が増えているものの、緑茶需要を押し上げるには力不足だ。ペットボトル入り緑茶に使う茶葉は二番茶など安値品でハラダ製茶(静岡県島田市)の原田康会長は「同じ水分量あたり茶葉の消費量は急須に入れて飲む時の10分の1ほど」という。

昨年より高い取引価格でスタートした19年産だが、静岡産などが出荷のピークを迎える4月末以降に価格が下がる可能性もある。冷え込みで生育が一時的に鈍ったとはいえ、気象庁によると、4〜6月は茶葉の産地となる関東から九州地方で平年を上回る気温となる見通しだ。「気温が高まれば出荷数量は次第に増えてくる」(JA鹿児島県経済連=鹿児島市)との見方もある。

※これからが本番ですので、しっかり生育状況を確認し、品質第一で新茶を製造していきます!!

 

2019年度は、お茶摘みのシーズンに入ってからも朝晩の寒さが続き、

茶葉の芽伸びが抑えられ、また、風も強く、被覆を丁寧に行う生産家と

そうでない生産家の差が大きい年になりました。

まず2019年第一弾の新茶は鹿児島の大隅半島の南の大根占産のゆたかみどり品種です!

今年も直接生産家と畑での作業中にお話できる機会があり、肥料のやり方や畑の育て方、

お茶の揉み方で、同地域の隣同士の茶畑でも、品質差が生まれることが自分の目でも、

市場でもはっきり確認することができました。

本当にお茶は毎年天候状況により、品質差があり、また畑、生産家で隣の畑でも違います。

でも厳選し、生産家のお話を聞き、取り組むことにより、今年も当社らしい香りの高い鹿児島茶ができました!!

毎年の積み重ねが、他には出来ないお茶作りにつながっていきます。

ぜひ春芳茶園の2019年産 限定!鹿児島大根占産 「ゆたかみどり」を味わってください!!

 

しゅんぽうちゃえんの生産地巡りで動画作成しました!
今年もまだまだ続く、生産地めぐり&新茶創造!!
当社でしか味わえない美味しい新茶を創造していきます!!!

農作物であるお茶の素晴らしさや難しさ。そして人の創意工夫によって生み出される魅力を感じ、味わいながら、今年の新茶を創造していきます!!



今年も鹿児島から新茶の仕入れが始まりました! 「挑戦」をテーマに「心をひらく」新茶を創り出していきます!!

2019年1月に戸塚区の多くの方から美味しい!おすすめと推薦され、

【戸塚ブランド】(戸塚区の推薦ページへリンクしています)として認定されました!!

もう、20年近く販売している人気商品ですが、今回ご推薦いただき、 戸塚ブランド認定を受けました!

実は、【いりたてほうじ茶】【濃厚抹茶ソフト】も 推薦いただいたのですよ!

大変割れやすいクッキーですが、その割れやすさがおいしさの秘密です。

ご紹介いただけるお客様がブランド認定により増えており、

クチコミで喜ばれています!

春芳茶園のおいしいお茶と一緒にお召し上がり下さい。

いつも春芳茶園【しゅんぽうちゃえん】をご利用いただきありがとうございます。

 

この度、相鉄グループさまにご縁をいただき、

 

港南台バースさまの相鉄ローゼンさまの店頭にて限定販売をすることが決まりました。

 

日程は 3月28日、29日、30日、31日の4日間となります。

 

ぜひご近所のお客様はお立ち寄りいただけれると嬉しいです!!

 

どうぞよろしくお願いいたします!!

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Search

Other