やっと暑くなりましたね!
冷たい水だし冷茶「はまかぜ」を皆様にお試しいただいております

カフェインレスで飲める水出し緑茶をぜひお試しにご来店ください!

#春芳茶園 #しゅんぽうカフェ #水出し #カフェインレス

2019年度静岡新茶は、お茶時期に朝晩寒く、生育が遅く、芽伸びが抑えられたため、
内容の良い上級茶がとても少ない年となりました。


当社はそのような状況の中でもしっかりと土壌の栄養を頂いた茶葉を慎重に厳選し、
しっかり旨味を味わうことのできる新茶を少しずつですが、御用意できております。
順次、いつもの人気のお茶も新茶にさせていただきますが、
今だけの限定新茶もご用意しましたので、ぜひそちらをご利用いただければ幸いです。

緑茶、7年ぶり高値 産地冷え込みで生育遅れ

 

2019年産の緑茶が高値だ。各地の取引会での新茶(一番茶)価格は前年の2割高から2倍になった。春先の冷え込みで生育が遅れたうえ、10連休前の需要という特殊要因が価格を押し上げた。ただ、国内では食の多様化で緑茶離れが進み、高値が需要減を加速させる可能性もある。製茶業界は緑茶の輸出に力を入れてテコ入れを図る。

 

新茶の価格は前年より大幅高で始まった(19日、静岡茶市場)

19日開催の静岡茶市場(静岡市)の初取引会では、国内生産量の4割を占める静岡県産茶葉の平均単価は1キロ8282円と前年の2.2倍で7年ぶりの高値だった。産地からは「3月下旬からの冷え込みで、葉の伸びる早さが一気に鈍って出荷量が確保できなかった」(JA静岡経済連=静岡市)との声が漏れる。

全国生産の3割を占める鹿児島県の鹿児島県茶市場(鹿児島市)の19日時点の県内茶の平均単価は1キロ2262円と前年より3割高い。JA全農ふくれん茶取引センター(福岡県八女市)でも、福岡県産の茶葉が2割高で推移する。

大型連休前の駆け込み需要も高値の背景だ。静岡茶市場の内田行俊社長は「10連休前に在庫を抱えたい業者の注文が例年より多かった」と話す。

今年の価格は上昇したものの、茶葉の取引価格は近年下落している。全国茶生産団体連合会(東京・千代田)の調べによると、茶葉全体の年間取引価格は17年で1キロあたり1477円と10年間で15%下がった。近年の生産量が横ばいで推移する一方で、緑茶の消費量が同期間でも2割ほど減った影響が大きいとみられる。

需要不振の主因は食の多様化や核家族化の影響で緑茶離れが進んでいることだ。急須に入れる主力の飲み方が手間がかかるために敬遠されている。ペットボトル入り飲料が増えているものの、緑茶需要を押し上げるには力不足だ。ペットボトル入り緑茶に使う茶葉は二番茶など安値品でハラダ製茶(静岡県島田市)の原田康会長は「同じ水分量あたり茶葉の消費量は急須に入れて飲む時の10分の1ほど」という。

昨年より高い取引価格でスタートした19年産だが、静岡産などが出荷のピークを迎える4月末以降に価格が下がる可能性もある。冷え込みで生育が一時的に鈍ったとはいえ、気象庁によると、4〜6月は茶葉の産地となる関東から九州地方で平年を上回る気温となる見通しだ。「気温が高まれば出荷数量は次第に増えてくる」(JA鹿児島県経済連=鹿児島市)との見方もある。

※これからが本番ですので、しっかり生育状況を確認し、品質第一で新茶を製造していきます!!

 

2019年度は、お茶摘みのシーズンに入ってからも朝晩の寒さが続き、

茶葉の芽伸びが抑えられ、また、風も強く、被覆を丁寧に行う生産家と

そうでない生産家の差が大きい年になりました。

まず2019年第一弾の新茶は鹿児島の大隅半島の南の大根占産のゆたかみどり品種です!

今年も直接生産家と畑での作業中にお話できる機会があり、肥料のやり方や畑の育て方、

お茶の揉み方で、同地域の隣同士の茶畑でも、品質差が生まれることが自分の目でも、

市場でもはっきり確認することができました。

本当にお茶は毎年天候状況により、品質差があり、また畑、生産家で隣の畑でも違います。

でも厳選し、生産家のお話を聞き、取り組むことにより、今年も当社らしい香りの高い鹿児島茶ができました!!

毎年の積み重ねが、他には出来ないお茶作りにつながっていきます。

ぜひ春芳茶園の2019年産 限定!鹿児島大根占産 「ゆたかみどり」を味わってください!!

 

しゅんぽうちゃえんの生産地巡りで動画作成しました!
今年もまだまだ続く、生産地めぐり&新茶創造!!
当社でしか味わえない美味しい新茶を創造していきます!!!



今年も鹿児島から新茶の仕入れが始まりました! 「挑戦」をテーマに「心をひらく」新茶を創り出していきます!!

現在限定新茶のお渡しと店頭新茶の販売で大変盛り上がっております!

お客様には、お時間をいただくことあり、誠に申し訳ございません。
今年の新茶も当社らしい旨味濃い新茶が製造できました!どうぞお試しください!!
さて、3月にご予約いただいた限定新茶ですが、全種類お渡しを行っております。
お渡し期限が5月31日までとなっておりますので、お忘れなくご来店ください。
(5月31日からお渡しと思われているお客様がいらっしゃいますのでご注意ください。)
また、2か月から3か月おきに行っております「イオン本牧店」での催事販売ですが、
2018年6月26日(火)〜6月30日(土)に行うことが決定しました!!
大変お待ちいただいているお客様から多数のお電話をいただいておりますが、
緑茶でしたら、メール便配送(216円)もできますので、ぜひご利用ください!!
お電話注文窓口:0120-05-6661

春芳茶園のテイスティング

鹿児島の茶生産地、静岡の茶生産地を巡り、茶葉を厳選し、

テイスティングを積み重ねて、今年度産茶葉ができました。

当社のテイスティングをまとめました!

 

この流れを毎年行っています!!本当生産家とお客様に感謝です

 

2018年静岡新茶の仕入れ日記の第三弾動画です!

 

毎年、掛川大東町の盛岩院のお墓参りから始まる静岡新茶の仕入れは、

 

島田、牧之原、菊川、掛川を毎日駆け巡り、市場で荒茶の状況、毎日茶畑の生育状況を確認し、

 

テイスティングを繰り返し生み出していきます。

 

限定新茶のお渡しも昨日スタートして、お天気の悪い中、多くのお客様にご来店いただきました。

 

本当にありがたいことです!

 

横浜戸塚は本日冷たい雨ですが、温かい新茶で皆様の心とお体を温めることができたらうれしいです!

 

 

本日より、限定新茶のお渡し第一弾がスタートします!

 

匠の極、匠の芳、匠の甘、匠の彩、そしてギフトセット3点のお渡しスタートです!!

 

今年も他では味わうことのできない旨味濃い茶葉を製造することができました。

 

御縁をいただいている生産家とすべてのお客様に心から感謝です!!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Search

Other